レース関係、といってもほとんどF1ネタになると思いますが、レースの感想や車のことを書いてます。

2006年01月16日

2006年ダカールラリー、ミツビシのアルファンが優勝

今年のパリダカを「チーム・レプソル三菱ラリーアート」から「三菱パジェロエボリューション」で出場のリュック・アルファンがSS合計時間53時間47分32秒で初優勝。
三菱自動車チームはこれで6連勝、通算11勝目を達成した。
同じく三菱自動車チームより参戦、日本人の増岡浩は第4レグでアクシデントによりリタイヤしている。

チョロQ三菱パジェロエボリューション2004ダカールラリー
posted by fun at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2005年11月14日

荒法師マンセル復活!

自動車レースの最高峰、F1世界選手権の往年の名ドライバーを集めた第1回目のグランプリ・マスターズレースが13日、南アフリカのヨハネスブルクで行われ、1992年の総合王者、ナイジェル・マンセル(英国)が優勝した。
 30周で争った決勝レースには14台が出走。ポールポジションからスタートしたマンセルが終始先行し、最後は同じ元世界王者のエマーソン・フィッティパルディ(ブラジル)との一騎打ちを制した。3位にはマンセルのウィリアムズ時代の同僚、リカルド・パトレーゼ(イタリア)が入った。
 レースは、ゴルフなどのシニア大会が成功していることに目を付けた主催者が企画。V型8気筒エンジンを搭載した同一仕様のフォーミュラ車で争われた。来年は4度の総合優勝に輝いたアラン・プロスト(フランス)らも参加予定だという。
 52歳になったマンセルはトレードマークの口ひげをそり落としていたが、健在の腕を発揮し、「想像以上に楽しめた。まさにレースだった」と喜んでいた。


ヤフーニュースより

あのマンセルが帰ってきました!
きっちり美味しいとこ持っていくあたり流石です。
是非テレビでマスターズレース見たいなぁ〜
マンセルの走りを思い出したら、モントーヤや琢磨の走りもおとなしいもんでっせ(笑

EXOTO 1/18 ウイリアムズ FW14B (No.5/1992) N.マンセル
posted by fun at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | モータースポーツ

2005年06月12日

鈴鹿サーキットで事故死

[レーサー事故死]鈴鹿サーキットでオートバイが壁に激突

バイクレース「鈴鹿200キロ耐久ロードレース」の予選で、ライダー1名がコースから外れてコンクリートの壁に激突し、残念ながらお亡くなりになりました。
危険と隣り合わせのモータースポーツ、今後このような悲劇が起こらないことを願うばかりです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
posted by fun at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2005年03月15日

モータースポーツといえば?

先日、日経産業新聞で見たのだが、ガリバーインターナショナルが調査したアンケートで「モータースポーツで健闘している自動車メーカー」として5割の人が「ホンダ」を挙げたようです。

続きを読む
posted by fun at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。