レース関係、といってもほとんどF1ネタになると思いますが、レースの感想や車のことを書いてます。

2006年05月11日

井出有治、スーパーライセンス取り消し

いやぁ〜こんなことがあるのか!
井出有治のスーパーライセンスが取り消しになった模様・・・
前代未聞のFIAからのドライバー交代勧告やったと思っていたが、実際はそれ以上にまで発展してしまった。
ぶっちゃけ今のスーパーアグリF1のマシンでは、誰が乗っても変わらないと思うのだが、そこまでして井出有治を降ろす必要があるのかどうか・・・
ここ最近のFIAが日本人に厳しく見えるのは、私が日本人だからでしょうか?
井出有治よ、絶対見返してやれ!
posted by fun at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1その2

2006年05月05日

井出有治、第3ドライバーに

スーパーアグリF1は、ヨーロッパGPからサードカーを走らせることに。そのサードドライバーがフランク・モンタニーに決定したと聞いていたのですが・・・
なんと井出有治がサードドライバーに降格。
それもFIAからチームに対して、井出有治がF1でのスキルを向上させるために必要なマイルを金曜フリー走行で作るべきとの勧告があったからのようです。
なんだよそれ〜FIAから勧告ってそんなのあり?
まぁ変に逆らうのもなんだけど、プロの世界は厳しいってことか。
以下は鈴木亜久里代表のコメント
「我々は、FIAが井出のためにテストを数日間させるべきだという勧告を受け入れることにした。井出はこの環境のなかで信じられないほど努力しているとは思うが、チームがシーズン開幕にあたってテストの時間を与えることができなかった。私は井出がチームに残って、マシンに馴れ、F1のレースドライバーとしてのシートを再び得ることができるようサポートしつづける」「この結果によって、モンタニーがヨーロッパGPで我々の2台目のマシンをドライブする。彼が我々をサポートしてくれるだろう」
posted by fun at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(4) | F1その2

2006年04月11日

スーパーアグリF1が凄い記録

スーパーアグリF1チームが、開幕3戦で驚きの記録。
なんと佐藤琢磨がF1公式記録によると、他のどのドライバーよりも多くの周回数と距離を走破していた!
信頼性抜群じゃないですか。また井出有治も完走一回だが、8位につけている。
あとは少しづつでもいいので、スピードをつけてくればもっといいバトルができるのでは?

鈴木亜久里 チーム代表 SUPER AGURI F1チーム
「これまでにチームが成し遂げて来たことを、とても誇らしく感じている。シーズン開幕戦のバーレーンGPに我々が参戦できると思っていなかった人も多かったと思うが、その目標は達成することができた。しかし、まさか、開幕3戦で、他のどのチームよりも多くの距離を走れるとは思っていなかった。琢磨の安定したドライビングと深い知識のお陰だ。SUPER AGURI F1チームの全員に、彼らの素晴らしいチームワークと、この困難な挑戦に対する決意に感謝したい。信頼性の高いエンジンを提供してくれているホンダにも、ブリヂストンにも感謝している。次のグランプリに向けて集中し、次の目標をできるだけ早く達成したいと思う」
(スーパーアグリ・フォーミュラワン プレスリリース)
posted by fun at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年04月10日

スーパーアグリも参加、バルセロナF1合同テスト

4月11日から14日にかけてスペイン・バルセロナ近郊のカタルニア・サーキットで再開され、全11チーム中・10チームが参加する。
フェラーリとウイリアムズは4日間とも参加予定。
レッドブル・レーシングとトロ・ロッソは初日から3日間、2日目からルノー、マクラーレン・メルセデス、トヨタ、ホンダ、BMWザウバー、スーパーアグリが参加する模様。
ミッドランドだけは、スペインでの合同テストには参加せず、シルバーストンでテストを行う予定。
ヨーロッパラウンドを前に各チームがテストを繰り返してます。そんな中、我らがスーパーアグリもテストに参加。少しでもマシンが進歩することに期待します!
posted by fun at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年03月24日

スーパーアグリの名称変更

なんか「スーパーアグリ・フォーミュラ1」の「フォーミュラ1」の部分が、「フォーミュラワン」の商標権を持つFOMから、権利侵害に当たるとして注意を受けていたようです。
コンコルド協定では「フォーミュラワン」をチーム名に使用する場合は、「チーム」を加える必要があるみたいで、「スーパーアグリF1チーム」に名称を変更したようです。
チームロゴの文字も、「SUPER AGURI F1 TEAM」に変更。
要は「チーム」を付けただけってことのようだ。
posted by fun at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2007年のF1日本GPは富士スピードウェイで

富士スピードウェイ株式会社は、F1の開催権利などを管理するFOMとF1日本グランプリを2007年10月に富士スピードウェイで開催することで合意したと発表した。

来年のF1日本グランプリは富士スピードウェイに決定したようです。
これは鈴鹿での開催がなくなるってこと?
それとも以前のようにパシフィックGPが復活するのかな?
posted by fun at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1その2

2006年03月08日

マンセルがフェラーリの復活ありえると

マンセルはニューズ・オブ・ザ・ワールド紙に対し、シューマッハーとフェラーリは昨年の誤りから多くを学び、2006年は再びタイトル争いを演じるだろうと述べた。
「ミハエルは申し分のないプロドライバーであり、F1の中でも一流だ。アイルトン・セナやミハエル、そして私のようなドライバーは、ひとつのレースで優勝しても、次のレースではマシンをもっとよくしようとするものだ」
「去年のフェラーリはエンジンとマシンに苦しみっぱなしだった。だけど、彼らにはすぐにトップに返り咲く力がある。だから、フェラーリが早々に勝ち始めたとしても、驚かないよ。ミハエルはいまだスーパーヒーローに変わりない」

とニュースに書いてあったが、あのマンセルが他のドライバーを褒めるとは(失礼!)
そういうイメージなかったからちょっとビックリした(笑
でもテストでフェラーリ、いまいちマシンがうまくいってないような・・・
どっちにしてもテスト走行の結果なんて、実際レースしてみなわかんないもんだよね。
今週末の開幕戦が待ち遠しい。
posted by fun at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年03月01日

スーパーアグリF1、新たな空力にカラー

スーパーアグリF1がシルバーストンでSA05のテスト。
このテストから、マシンは新空力パッケージにニューカラーとなり登場。
新しい空力になって、新車っぽく見えてきたのは気のせいかな(笑
カラーリングの方は、もう一ひねり加えて欲しいかな?マクラーレンあたりに色で負けそう。
ただテストの方が、佐藤琢磨と井出有治のふたりが参加したにもかかわらず、雪のため思うように走行できなかったというのが残念。
今は出来るだけ走行距離を稼いで、データなどが欲しいのに・・・
posted by fun at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年02月24日

スーパーアグリF1、テスト最終日に琢磨が58周を走行

ドライコンディションの最終日、佐藤琢磨は58周を走行し、1分19秒774のベストタイムをマーク、バルセロナでのテストを締めくくった。
チームは来週シルバーストンでテストを再開の予定。
とにかく今は開幕まで時間がないから、無事グリッドにつけて出来れば完走できる状態にまでなって欲しいと願うばかりです。
あと井出有治にももっと走りこんでもらって、F1に早く慣れてもらえれば御の字かな。
開幕戦楽しみ〜
posted by fun at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | F1その2

2006年02月22日

スーパーアグリF1初テスト

カタルーニャサーキットにてテストを行なったスーパーアグリF1。
午前中の走行で油圧系のトラブルが発生したため、僅か3周で中断。問題を解決して再び走行を再開するも雨でセミウエット状態での走行となった。
それでもブリヂストンの浅溝タイヤを履いてコースインした佐藤琢磨が、連続して4回の計測ラップを記録したが、ヘアピンでスピンを喫してコース上に止まってしまった。
結局、初日のテストは計8ラップのみで打ち切りとなり、午前中に記録した1分30秒244がこの日のベストタイムとなった。
まだまだ始まったばかり、問題も多いと思うが一つづつクリアーしてほしい。
posted by fun at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1その2

2006年02月16日

スーパーアグリF1が初テスト、そして・・・

スーパーアグリF1の「SA05」がイギリス・グロースターシャーにあるケンブル空港にて報道陣をシャットアウトして初テストした。
そしてついにドライバーラインナップが発表。
やはりというか当然というかNO1ドライバーに佐藤琢磨
そして気になるNO2ドライバーは井出有治に決定!
これで純日本チームの誕生です。
最初はもちろん苦戦するだろうが、開幕が楽しみです。
posted by fun at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1その2

2006年02月11日

トロ・ロッソ、新車STR1をシェイクダウン

トロ・ロッソが、スペインのヘレス合同テストで新車STR1をデビューさせた。
そしてなんとゲルハルト・ベルガーが加入、チームの株50%を獲得したようです。
ちなみにマシンのカラーリングは、レッドブルのロゴが入っただけのもので、RB1を使用していたときと変更なし。
シェイクダウンを担当したリウッツィは、テスト後に「ニューマシンだからセットアップなど、まだやるべきことはかなりある」と述べながらも「全ては上手くいっているし、マシンは信頼性もある」と語った。
posted by fun at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年02月09日

ベルギーGP中止、今季は全18戦

FIAは、2006年9月17日に予定されていたベルギーGPが開催されないことを8日正式に発表。
なんてこった、好きなサーキットの1つなんだけどなぁスパ−フランコルシャンは。
鈴鹿、モナコに続く楽しみなレースなのに・・・
まぁいろいろ事情というものがあるようなのでしょうがないかな。
posted by fun at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(4) | F1その2

2006年02月07日

スーパーアグリF1マシンスペック情報

スーパーアグリF1のマシンスペックが発表された模様。
名称は「SA05」で、シャシーはカーボン・ハニカムコンポジット構造。
前後サスペンションはウイッシュボーンサスペンションでフロントはトーションバーとダンパーの組み合わせ、リヤはコイルスプリングとダンパーの構造。
ダンパーはオーリンズ製。
ホイールはBBS。
タイヤはブリヂストン。
ブレーキキャリパーはAP製。
ブレーキパッドはHitco。
ステアリングおよびパワーステアリングはSAF1内製。
シートベルトはタカタ。
燃料タンクはATL製。
ミッションケースはSAF1内製のカーボンで7速セミAT。
クラッチはザックス製。

車両寸法・エンジンのスペック
フロントトラック  1472mm
リヤトラック    1422mm
ホイールベース   3100mm
全長        4666mm
全高        950mm
全幅        1800mm

エンジン      ホンダ RA806E
排気量       2.4リッター
エンジン形式    90°V8自然吸気
最高出力      700 bhp以上
最高回転数     19,000rpm以上
バルブ駆動     ニューマチック
気筒当りのバルブ数 4
スロットルシステム 電子・油圧オペレーティング
イグニッション   ホンダPGM-IG
スパークプラグ   NGK
posted by fun at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年02月05日

スーパーアグリ、シェイクダウンは2月14日

スーパーアグリF1チームは、暫定仕様のアロウズのシャシー改良版であるSA05を、2月14日のシルバーストンでシェイクダウンするようです。
正式エントリーが決定してから実際にマシンが走り出すのが待ち遠しかったが、いよいよその時が近づいてきました!
posted by fun at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

MF1が新車M16を正式発表

ミッドランドもニューマシンM16を3日、シルバーストンにて正式発表。
F1史上初めて、ロシア国籍のマシンが登場しました。
以下はチームのマネージングディレクター、コリン・コレスのコメントです。
「このプランを立ち上げ、予定より1年早くF1に参戦して以来、時には大変なこともあり、非常にエキサイティングな時期を過ごしてきた。しかし、こういったアップダウンを経験しながらも、我々は目標をはっきりと見定め、一歩一歩前に進み、そうしてここまでたどり着いた」
「M16は、100パーセント、MF1レーシングの作品であり、我々の確固たる意志を表している。全くの新車を作り上げるために莫大な投資を行ってはきたが、世界的な自動車メーカーに対してプライベーターが挑む、そのチャレンジがどれほど大変であるか、現実的に考えてはいる」
「開発の現段階において、我々は、将来F1を担うであろう若い人たちにチャンスを提供することができ、非常に喜んでいる。テクニカルディレクターのジェイムス・キーと彼のエンジニアチームがM16をデザインし、作り上げた。彼らのマシンは、今後の基礎となるものであり、引き続き開発作業は続けられる。2006年の目標は、ライバルたちと比べて、安定して、目に見える進歩を遂げていき、同時に2005年に発揮した記録的な信頼性も維持するということだ。テクニカルパートナーである、トヨタ、ブリヂストンが、変わらぬサポートを提供してくれたことで、ここまでくることができた。彼らには心から感謝したい」

今季このマシンが継続的に開発されれば、中段グループ争いに顔を出すかも?
いや、出すぐらいの活躍を期待!
posted by fun at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | F1その2

2006年02月02日

ルノー、新車R26を正式発表

ルノーが、新車R26をモナコで正式発表。
タイトル連覇に向けての期待のニューマシンです。
以下はルノーF1のチーム代表、パトリック・フォールのコメント
「ルノーF1チームにとって、2006年のテーマは“継続”である。今年は、マネージメント陣にも、ドライバーラインナップにも、テクニカルチームにも変更はない。ビリー−シャティヨンとエンストンの両スタッフは、2006年にも安定したパフォーマンスを発揮できるよう、全力を尽くしてきた。パフォーマンス上の目標はただひとつ。シーズン終盤に世界選手権を争うポジションにいることだ」
「グリッドにつくどのチームもそうだが、2006年も(昨年同様)、成功できるかどうかは、どれだけうまく変化に適応できるかにかかってくる。新たなV8エンジンの導入によって、信頼性とパフォーマンスの微妙なバランスを見つけることが、より重要となってくる。2005年は、この点については我がチームはうまくやれたわけだが、これについてはテクニカルパートナーのエルフと共に取り組み、ここまでのところ、RS26の出来には非常に満足している。タイヤレギュレーションが再び改正されたために、ミシュランもまた新たなチャレンジに直面している。今年はミシュランにとってF1での最後の年となるわけだが、我々のテクニカルチームとより一層緊密な作業を行うことにより、勝利の年にすることができると確信している」

カルロス・ゴーンもチャンピオンでいる限りF1参戦し続けるようなことを言ってるみたいなので、連覇への気の緩みはなさそうです。
posted by fun at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

2006年01月31日

ブリヂストン、スーパーアグリF1へのタイヤ供給

勝手に早とちりしていたが、ブリジストンスーパーアグリF1と契約を交わしました。
もう決まってるものだと思い込んでました(笑
まぁ正式エントリーされないとタイヤの契約もなにもないんだけどね。
スーパーアグリF1の正式エントリーが決まったことで、これからいろいろ話が進むんだろうね。開幕が待ち遠しいです。

以下は安川ひろし ブリヂストン・モータースポーツ推進室長のコメントです。
「スーパーアグリ・チームは新しい、意欲的なチームです。我々はブリヂストンがこのチームから公式タイヤサプライヤーとして選ばれたことを非常に光栄に思っています。FIA フォーミュラワン ワールドチャンピオンシップへデビューする新しいチームと仕事をすることは非常にエキサイティングなことです。ブリヂストンとスーパーアグリ・チームの創設者である鈴木亜久里氏とは様々なモータースポーツカテゴリーで20年以上に及ぶ非常に長い協力関係があります。我々は彼の能力と成功に満ちたプロフェッショナルなチームを目指す強い意欲に絶大な信頼を寄せています。スーパーアグリ・チームの一年目のシーズンは容易なシーズンとはならないでしょう。しかし、我々は彼らの2006年の活躍を祈るとともに、彼らの活動している姿をもうすぐ見れることを楽しみにしています。」

posted by fun at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | F1その2

2006年01月30日

佐藤琢磨、ホームページでコメント

スーパーアグリF1が正式エントリーできたことについて佐藤琢磨は、
「本当に待ちに待ったニュースだったので、いまは嬉しいだけでなく、ほっとしています」
「いままでもリフィールドのスタッフは、開幕戦に向けて全力で準備を進めてきましたが、これで正式にF1チームとしてスタートを切ることができたので、みんな胸を撫で下ろしていることでしょう。そして、ひとりひとりのスタッフが100%安心して作業を進められるようになったことを、僕自身とても嬉しく思っています」
「今回、FIAから正式に承認を受けたことで、これまで動こうにも動けなかった様々な作業が一気に前進するはずです。そうしたなかでチームから発表される内容を、今しばらく待ちたいと思います」

とにかくチームからの正式発表があるまでは、しばらく待ち状態なんですね。
なんだか見ているこっちの方が焦るよ(笑
posted by fun at 14:35 | Comment(2) | TrackBack(1) | F1その2

2006年01月29日

ウイリアムズ、新車FW28を発表

ウイリアムズが、ニューマシーンFW28を発表。
今年からエンジンはコスワース、タイヤはブリヂストンになったウイリアムズ
チームのテクニカルディレクター、サム・マイケルが言うには
「FW28は以前のウイリアムズのデザインから、大きくかけ離れたものとなった。それは、空力効率の向上を目指したこと、ブリヂストンタイヤ、そしてコスワースV8エンジンへの変更によるメカニカルなチャレンジによるものだ。このマシンをデザインするのは非常に興味深かった。今後2006年に行われる開発作業でもそれは変わらないだろう」

従来のウイリアムズのマシンと大きく異なるマシンに仕上がっているようです。
どっちかといえばニューエイがいなくなってから空力が弱いとされてきたウイリアムズ。
FW28は果たして・・・
31日からバレンシアで、本格的なテストが始まるようです。
posted by fun at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1その2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。