レース関係、といってもほとんどF1ネタになると思いますが、レースの感想や車のことを書いてます。

2006年10月10日

2006年F1日本GP決勝

2006年F1日本GP決勝は、予選まで圧倒的に速かったフェラーリのM・シューマッハが、なんとエンジンブローによってリタイア。ルノーのF・アロンソが、逆転で優勝した。

いやぁ〜これもレースなんですね。トップを快走で2回のピットストップもこなし、後はチェッカーを受けるだけの状況でのシューマッハのリタイア。
ちょうど現場の130Rの自由席ヘアピン寄りで見ていたのですが、シューマッハがマシンを止めた瞬間観客総立ちとなって、後ろで見ていた私は、途中からよく見えなかった。
でもたしかにコース脇に止められたマシンは、真紅のフェラーリでした。

そして母国凱旋のスーパーアグリF1チーム。ライバルに離され苦しい展開でしたが、なんとか15位・17位で2台揃ってチェッカー。まだまだ課題が山積みですが、最終戦及び来シーズンに向けて、さらに頑張ってほしいです。

ホンダとトヨタの日本勢もいい走りを見せていたが、まだルノーとフェラーリとの差は歴然でしたね。両チームとも何かが足りないんでしょうね。それが何なのか・・・

今年で一旦最後となる鈴鹿でのF1、物凄い観客の多さでした。シューマッハのラストランと鈴鹿のラスト。それに日本勢3チームに佐藤琢磨と山本左近。見所一杯の鈴鹿サーキットでした。

人気blogランキング

posted by fun at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006F1GP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。