レース関係、といってもほとんどF1ネタになると思いますが、レースの感想や車のことを書いてます。

2006年04月24日

2006F1 サンマリノGP決勝

去年に引き続き、シューマッハvsアロンソの接近戦!
今年はフェラーリのM・シューマッハに軍配、復活のポールtoウィン。
2位にルノーのF・アロンソ、3位にマクラーレンのJ−P・モントーヤが入った。
もっと混戦になるのかと思ったが、結局シューマッハとアロンソだけが速かったということか。
特にルノーのマシンのコーナーリングがスムーズ。対するフェラーリは、立ち上がりの加速が良かった。テレビの解説で、ブリヂストンタイヤの路面を捉える力が良くなってると言っていたが、その通りだった。
中盤テールtoノーズになってからアロンソの方が速かったが、このコースではなかなか抜けない。ピットインで入れ替わるかと思ったが、シューマッハも1回目のピットインでかなりの給油をしていたから、2回目のピットインがそれほど早くなることはなかった。
その分アロンソが、流れを変えるべく予定より早くピットインしたが、シューマッハが次の周にピットインした為、前に出ることは出来なかった。
ここから先は去年の逆で、シューマッハがアロンソを抑えきって優勝。見ごたえありました。

それに引き換えホンダの2台はダメだったなぁ・・・どうも予選と決勝の結果の違いにガックリくるのだが。まだまだロングランに速さが足りないということか。
マクラーレンも全然テレビに映らないくらいイマイチだった。モントーヤが3位にはなったが、なんだろう?今年のマシンはこんなものなのか。

スーパーアグリF1の2台は残念ながらリタイア。
井出有治の接触は勿体無かったなぁ。あそこはガマンで引いてもよかったのでは?
佐藤琢磨は中継では解らないあいだにリタイアになっていた。マシントラブルのようだったのでしょうがないか。

1 M.シューマッハ フェラーリ 1:31'06.486
2 F.アロンソ ルノー 1:31'08.582
3 J-P.モントーヤ マクラーレン・メルセデス 1:31'22.354
4 F.マッサ フェラーリ 1:31'23.582
5 K.ライコネン マクラーレン・メルセデス 1:31'24.010
6 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1:31'44.225
7 J.バトン ホンダ 1:31'46.121
8 G.フィジケラ ルノー 1:31'46.686
9 R.シューマッハ トヨタ 1:31'51.997
10 R.バリチェロ ホンダ 1:32'24.337
11 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1:32'26.161
12 J.ビルヌーブ BMWザウバー 1:32'28.856
13 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:31'14.621
14 V.リウッツィ STRコスワース 1:31'16.127
15 S.スピード STRコスワース 1:31'17.717
16 T.モンテイロ MF1トヨタ 1:32'04.462
  D.クルサード RBRフェラーリ ドライブシャフト
  佐藤琢磨 スーパーアグリ・ホンダ メカニカル
  C.クリエン RBRフェラーリ ハイドロリック
  井出有治 スーパーアグリ・ホンダ サスペンション
  J.トゥルーリ トヨタ ステアリングコラム
  C.アルバース MF1トヨタ アクシデント

M.シューマッハ直筆サイン入り Ferrariオフィシャルプレスフォト/2005 ハンガリーGP 2
【取り寄せ商品】1/10 エヴォリューション F1 ルノー F1 R23【NIKKO】
マクラーレン チームエディション 1/43スケール マクラーレン メルセデス MP4/19 No.6/20...

人気blogランキング

posted by fun at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2006F1GP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

'06F1サン・マリノGP決勝。
Excerpt: 994年5月1日予選。ヴィルヌーブ・コーナーでローランド・ラッツェンバーガー。 翌2日決勝。タンブレロでアイルトン・セナ。 この失われた2つの魂に哀悼の意を表す。 接戦、皇帝継承、あるい..
Weblog: 桃尻開発研究所
Tracked: 2006-04-25 18:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。